FC2ブログ

1/18~1/24までの映画

今週のメモ

ミセスノイズィ
いきなりですが今週の映画館枠。
ずっと見たかったのだけれど、近場の映画館でやってなかったので今になって鑑賞。
いわゆる騒音おばさん事件を元ネタにした映画。
ちょっとした食い違いから人間関係が滅茶苦茶になった上、
それがネットにまで流出、第三者まで関わってくてどうにもこうにも上手く行かなくなると言う映画。
ノリは軽いんだけど、ちょっとしたホラーみたいな怖さがあるぞ。
個人的に観てて結構辛かった映画。
とにかく自分勝手な主人公の作家と自分が重なって見えてしまって、お陰でイライラが……。
子供とか持っちゃいけないタイプの人間だよなぁとか思ってしまった。
エッチなシーンは無し。

かしこい狗
目についたから鑑賞。
百合サイコサスペンス映画とでも言うべきだろうか?
前半はひたすらベタな百合展開(大好き)。
それが後半になるとどんどんホラーじみていくという感じ。
低予算自主制作映画らしいけど、画作りがしっかりしてるのでその辺あまり感じない。
役者陣の演技も本職のそれと変わらないレベルだと思う。
ストーリーの解釈は観る人によって変わりそうだなぁ。
エッチなシーンはなし。
ただ、エッチなことを示唆するシーンはあり。

四十七人
時代劇観たいと思って鑑賞。
渋い。兎に角渋すぎる映画。
役者陣、BGM、ナレーション、硬質で堅実な画作り、すべてがかっちょいい。
でもなぁ、ちょっと気になる点が結構多かった映画でもあったかな。
渋い映画なのに、ギミック満載の吉良屋敷ってのがなんかちぐはぐだったかなぁ。
エッチなシーンは無し。

子連れ狼1
時代劇観たくて鑑賞。
血飛沫やら人体やらが飛び散る殺戮時代劇。
エログロって言葉がよく似合いやがるぜ!
大五郎から溢れ出る幼児とは思えないヤバい空気が堪らん!
エッチなシーンあり。
強引すぎるエッチシーン導入なのだけれど、その辺が最高に昭和のエンタメって感じ。

子連れ狼2
どうせだから続きも観たいと思って鑑賞。
スプラッタ時代劇の本番が始まるッッ!!
って感じで、導入編故の大人しさがあった1作目とは違い、最初から色々全開。
男女問わず人をぶった切り、血飛沫飛ばしまくる。
この1作で何人死んでるよ? ってくらい死にまくるぞ。
別式の皆さんにバラバラに解体されてしまった忍者さんが不憫でならねぇ。
くっそまじめな顔で風呂入るシーンとか、大根ぶっささったまま乳母車押すシーンとか、なんか笑ってしまう。
1作目の段階で片鱗はあったけど、大五郎マジでやべぇな。
いっさい泣くことなく、乳母車を操って人を殺す幼児とか今の時代じゃ無理だろこれ!
エッチなシーンはなし。
おっぱいはあり。
大五郎に優しくおっぱい撫でられてヘロヘロになる柳生さんのシーンに謎の面白さを感じた。

透明人間
目についたから鑑賞。
ホラーかと思ったらサスペンスだったぜ!
オカルトかと思ったらまさかの光学迷彩ものだったとは……。
(一応ネタバレ配慮)
その辺を上手く使ったラストは結構痺れた。
超天才モラハラヤンデレ男、透明人間になる! って映画。
エッチなシーンは無し。

ウィッカーマン
ミッドサマーっぽい映画ってことで見て観たくなり鑑賞。
ただし、これはリメイク版。
本当はオリジナルを観たかったんだけど、オリジナル版の配信がなかったんだよぉおおお~!
普通の常識が通じない場所に自分一人だけって不気味だし、怖いよなぁ。
得も言われぬ不気味さとか気持ち悪さとか、こういう映画大好き。
と言いつつも、主演がニコラスケイジのせいで、やっぱりどうしてもこれはエンタメ映画! って雰囲気が強すぎる。
カルト集団の狂気みたいなのがどうしても弱くなってしまうかなぁ。
オリジナル見て観たいよやっぱり!
エッチなシーンは無し。

ってことで7本。
オススメはミセスノイジィかなぁ。
でもまだ公開中映画だから……
それ以外だと子連れ狼三途の川の乳母車かな。
ただ、グロイから苦手な人は観ない方がいい。

今年25本。
以上!
スポンサーサイト



1/11~1/17までに観た映画

メモ~!

トレインミッション
FFのフレンドに勧められたので鑑賞。
前に見たフライトゲームに似てる。
監督と主演が一緒だしなぁ。
ハラハラドキドキ系。
ツッコみたいところもあるけど見てよかった映画。
エッチなシーンは無し。

エスケーピング
これもフレンドに勧められて鑑賞。
シャッターアイランドとかコロニアに似た雰囲気の映画。
精神病院とか隔離された施設とかが舞台になるとこういう雰囲気になるもんだって感じ。
ブツッブツッと途中CMでも入りそうな勢いでシーンカットが入るのは特徴的。
エンドロールの短さから考えるに、本国で2時間ドラマだったのではないだろうか?
アマプラのあらすじがネタバレ全開で、記憶喪失だった主人公の正体が分かってしまう。
そりゃねぇぜ!
見るならあらすじとか絶対に目に入らないように見るべし。
エッチなシーンは無し。

クーデター
何となく目についたから鑑賞……したんだけど、
滅茶苦茶面白かった。
いや~、面白すぎて正直ビックリですわ。
その辺のホラー映画よりよっぽど怖いし、
もしかしたらマジで起こり得るんじゃないかっていうリアリティもある。
ホラーではないのに新手のゾンビものみたいな赴きもあってGood!
ただ、緊張感がすごいから見てて疲れる。
面白いんだけど、モデルになった国の人が見たらぶち切れてもおかしくはないよな。
エッチなシーンは無し。

ムーンライトドライブ
何となく目についたから鑑賞。
主人公が殺人鬼と友達になって、なんか執着される話。
ただ、主人公の行動が馬鹿すぎて乗り切れない。
タイトルの意味が分からんかった。
邦題らしいし、かっこよさげな雰囲気ってことでつけただけなのか?
エッチなシーンはあり。
ウォーターベッドって維持が大変そうだなぁマジ。

ザバニシング
何となく目についたから鑑賞。
滅茶苦茶不気味な映画。
サイコサスペンスって幾つもあるけれど、
この映画ほど犯人が犯行の練習をしたり、
いざ実戦となって、失敗しまくる映画ってのも珍しい気がする。
お陰でホント何をしたくてこんなことしてるのかってことが滅茶苦茶気になってくる。
お陰で何が起きたのかを知りたい主人公と鑑賞者の気持ちもシンクロしやすい。
でもって起きたことは……。
こりゃひでぇや!
閉所でパニック発作起こす私としては、こんな目にだけは絶対遭いたくない。
殺人よりも残酷ってなるほどなぁ。
エッチなシーンは無し。

ヘンリー
目についたので鑑賞。
殺人鬼の日常って感じの映画。
イカレた奴はイカレた奴同士で惹かれ合うのか!?
淡々と日常業務みたいな勢いで殺して、死体はその辺に捨てていく。
犯行が雑。
なのに警察とかに追われてる気配は皆無。
(実際警察とか全く出てこないし、事件のニュースとかも流れてる気配がない)
実在の殺人犯らしいけど、こんなもんなのだろうか?
その辺がリアルでないようで、妙にリアルでもあった。
ヒロインと主人公がキスするシーンで、
主人公が滅茶苦茶嫌そうにヒロインの唇が押し当てられたところを手で拭っていたところが印象的。
エッチなシーンは難しいところだけど無し扱いでいい気がする。

血の祝祭日
結構スプラッタ系見てるけど、その元祖って観たことなかったなぁと思って鑑賞。
ストーリー、演出、演技……兎に角すべてがチープ。
でも、そこがなんか微笑ましい映画。
頑張ってる感が映像からにじみ出てる。
血とか内臓が出まくりではあるのだけど、
ぱっと見で作り物だとわかるので、
案外グロが苦手な人でも観られるのではないだろうか?
(グロ苦手ではない人間の勝手な憶測)
凶器が実際突き刺さるシーンを直接映すシーンがない。
その辺がグロ度をかなり下げてる感じがする。
多分当時の技術じゃその辺映すのは不可能だったんだろうな。
海外映画でうおっ! 大根!!
と思える演技はなかなか珍しい。
エッチなシーンなし。
デン! ドン! デン! ドン!
っていうBGMでどうしてか冷たい熱帯魚思い出した。
なんかちょっと死体の感じも似たところがあるし、
多少はこの映画の影響受けてるのだろうか?
サスペンスであって、ホラー映画ではないかな。

2000人の狂人
血の祝祭美観たし、こっちも見てみるか! と思って鑑賞。
村の祭りに招かれた人々が一人一人殺されていく……。
ミッドサマーっぽい映画だった。
陽気な音楽流しながら笑顔で殺戮ってビジュアルがなかなかキマッてる。
それでいて殺した後はちょっと村人たちも引いてるのがなかなか生々しい。
殺戮シーンは血の祝祭人同じくチープの極み。
作り物感がすごいので苦手な人でも見れないことはないと思う。
バーベキューとか競馬はまぁありそうな感じだけど、
樽転がしはなかなか独創性があった。
イカレた村のイカレた人達のイカレたサイコストーリー……
かと思いきや、結構オカルトだったのがなかなか意外性があったぞ~!
エッチなシーンは無し。

って感じで8本。
オススメはクーデターかなぁ。
邦画無しはなかなか珍しい。

以上!

1/4~1/10までに観た映画

今週のメモ

すみっコぐらし
時間的余裕がない! でも映画観たい! 短めのなにかないか!?
って時に60分という絶妙な時間だったので鑑賞。
なんか妙に癖になる作画のアニメ。
分かりやすく泣かせに来る感じなんだけど、
年取ったせいかそう言うわかりやすさに弱くなっており、
簡単に泣かされてしまうながのなのであった。
ただ、流石に子供向け感がすっごいので、中盤あたりかなり眠かった。
エッチなシーンはあるわけないんだよなぁ。

レザーフェイス
丁度1時間半くらいの映画じゃん! ってことで鑑賞。
悪魔のいけにえのレザーフェイスが何でああなったのかって言う説明をする映画。
正直無粋。
ただ、無粋なんだけど、可愛らしさとかいじらしさを感じさせる映画でもあった。
なんか後半で必死にオリジナルの空気感を再現しようとしてるのよ。
画面から
「見て! ほら! これ、悪魔のいけにえでしょ!! 悪魔のいけにえの見えるでしょ!!」
っていう叫びが聞こえてくる。
そんなところが可愛かった。
でも、天然であの空気を出してたオリジナルにはやっぱり敵わない感じ。
エッチなシーンはあり。
ただ、結構気持ち悪い。

fainaruga-ruzu.jpg
シネマこんぷれっくす最終巻で名前があがってたので鑑賞してみた。
キャビン、タッカーとデイル、ハッピーデスデイとかに近いホラーコメディ。
スプラッタ映画の中に入ってしまうというありそうでない感じの話。
結構笑えて楽しいのだけれど、
劇中劇があまりにチープすぎてちょっと醒めてしまう。
もう少し本気で作って欲しかったかなぁ。
スプラッタ題材なのにエッチなシーンは以外にもない。
胸を丸出しにするシーンでも乳房は映さない。
お子様に配慮しているのだろうか?

ファウンド
なんかビジュアルに惹かれて鑑賞。
これは……これはやばい映画を見た。
テリファー以来のやべぇオーラビンビン系スプラッタ映画。
いや、これはスプラッタ青春兄弟愛映画か!?
殺人鬼の兄と弟の話なんだけど……。
これ撮った監督は病気なのか?
ひたすら淡々とした映画なんだけどとにかくエグい。
グロシーン自体少なめではあるんだけど、
出てくるシーンは強烈。
苦手な人は絶対見ない方がいい。
これはスプラッタ界隈ではきっと語り継がれる映画の一本になるとは思うので、
グロ耐性がある人は見るべきかも。
ただ、ぱっと見で低予算感バリバリなのはちょっとなぁ。
なんかホームビデオ見てるみたいな感じが……。
それと、テンポはあまりよくないでの中盤は少し眠くなるかも。
エッチなシーンは無し。
嬉しくないおっぱいシーンはあり。

イット・フォローズ
ファウンドの売り文句がイットフォローズを超えた! ってのだったので、
じゃあどんなもんか見るか! と鑑賞。
ファウンドはスプラッタだけれど怖さはなかった。
ただ、こっちはスプラッタではなく、純粋なホラーという感じ。
正直序盤は結構怖かった。
海外ホラーで怖いとなるのは珍しいので貴重な映画。
ドオオオン! ドオオオン! っていう効果音が絶妙に気分を盛り上げてくれる。
黙ってただ“それ”が歩いてくるのが不気味。
“それ”に終われてる人間とセックスすると、
“それ”が見える様になり、元々見えていた人間に代わりに追われることになる。
捕まると容赦なく殺される。
逃れる方法は誰かとセックスすることだけ……
って、なんか新手の性病啓発映画にも見える。
が、監督曰く違うらしい。
とにかく、ああ、こういう手法のホラーもあったのかと感心させられる。
ただ、ちょっと助長気味で後半はダレてしまった印象。
でも、ラストシーンはよかったと思う。
エッチなシーンあり。
海外映画って車の中とか、家族がいても気にせず家で!
って感じですぐその辺でおっぱじめるけど、
ラブホテルとかがないからなのか?
なんか寝取られもの的な情緒を感じるのはとてもいい。
セックスしないと逃げられないってのがいいアクセントになってるなぁ。

日日
何となく目に付いたので鑑賞。
茶道をやってみたくなる映画。
茶道の所作の意味は分からないけれど、
とにかく綺麗に見えるなぁ。
四季折々の景色と茶道──それが本当に美しくマッチしている。
音響がすごくいい。
自然の音をきっちり聞かせてくれる。
その辺間違いなく拘ってる映画だと思うので、
ヘッドホンなどを使って見るのが正解かな。
エッチなシーンは無し。

赤々
一時間半ない長さで丁度いいと思ったので鑑賞。
なんかイメージビデオ見たいな映画。
自殺はあかん! というのを伝えたいのは分かるんだけど、なんかノリが軽い。
多分、全編演技演技してるって感じで、不自然さがどうしても出続けてしまうからなのかなぁ。
思ってること全部言葉とモノローグで語ってくれるのがちょっと助長。
常にBGMが流れてる系映画なのでちょっと耳障り。
あと、手持ちで撮影してるのか、常に画面がグラグラ揺れてる。演出上仕方なし──というわけでもなさそうなので、しっかりカメラは固定していただきたかったかなぁ。
千眼さんが吉田羊に育つくらい時間が経ってるのに、流石にお母さん変わらなさすぎでしょ! ってのが気になって気になって仕方がなかった。
低予算感溢れてるのに、少し俳優陣が豪華な謎。
エッチなシーンはなし。

ってことで7本。
一日一本ペースですな。
今週のオススメはファウンドなんだけど、
グロすぎてちょっとオススメなのにオススメできない感じに……。

2021年は10本観てます。

以上!

12/28~1/3までに観た映画

今週観た映画メモ~!

クローバーフィールド
ずっと観たかったけどなんか機会がなくて観てなかった映画。
遂に観た。
POV怪獣映画っていう素晴らしい発想の映画。
怪獣って怖いんだなって改めて思えた。
ラストは落ち込むけど、臨場感最高で絶対観るべき映画の一本だと思う。
ただ、ちょっと酔う。
エッチなシーンは無し。

新感染
そういえば今続編やってるよなぁ──と思って鑑賞。
ザ・ゾンビ映画。
突然人がひとを襲い始め街中大パニック。
人々はつぎつぎ死んでいき、やがて人間同士の争いが!!
っていうゾンビ映画の基本がこれでもかと詰め込まれてる。
最近観た韓国映画のパラサイトとか、魔女とかは結構日本との文化の違いを強く感じさせられて観てて違和感が凄かったのだけれど(人種が近いせいで違和感が逆にでかくなる)、これはあまりそういうのは感じなかったかな。
ナイトオブザリビングデッドを観てる人間なら、ラストシーンのドキドキ感は更に増すはず。
エッチなシーンはなし。

ルームメイト
なんか目に付いたから鑑賞。
北川景子と深田恭子が一緒に暮らしてるとか、
そんな夢みたいな話があるのかよ!!
って、話。
ストーリーの真相を結構序盤で察することができる映画。
なんか伏線が不自然すぎて、こういうことなんだろうな……って予想が立ってしまう感じ。
小説とかならまだしも、映画でやるのはきつい感じなのかなぁ。
なんかグロ描写が結構気合い入ってた。
しかし、北川景子と深田恭子をみたい人間にグロ描写の需要はあるのだろうか?
なんかちょっとちぐはぐした感じの映画だったかな。
エッチなシーンは無し。
北川景子と深田恭子のキスシーンはあり。
犬の扱いはマジで酷い。
ホントスリラーに出てくる動物はロクな目に遭わないな……

オープンウォーター
時間80分くらいで丁度良さそう! と思って鑑賞。
怖すぎる。
絶望的過ぎる。
でもってラストが悲しすぎる。

2000年代前半のVシネみたいな画質とか、
なんか音質の悪さとか、
一目で低予算ってのが分かる。
私はそれが分かってしまうと映画に集中できなくなるたちなので、
こりゃ駄目かなとも思ったのですが、
そんなこと忘れるほどの緊張感があった。
ほぼ二人で海に浮いてるだけなのに、
ここまで集中させてくれるというのが凄い。
ダイビング関係の人間は絶対観ておけよー。
エッチなシーンなし。
ただ、裸シーンあり。


ってことで4本!
FFが一段落したのでちょっと増えた感じ。
クローバーフィールド以外は今年に入ってから観た映画。
元日、今年最初に観たのがオープンウォーター……。
新年早々観る映画じゃねぇよ……。

ってことで
2020年は記録つけ始めてから264本鑑賞。
2021年は現時点で3本ってことに。

以上!


新年なので去年の戦績!

あけましておめでとうございます!
年も明けたので、
去年どれだけ大便をしたのかという記録をば!

116/366
でしたので、打率は……
.317!!
2016年シーズン以来の3割打者だ!

これは今年こそ夢の4割打者狙えるか!?

ってことで、皆様今年もよろしくお願い致しますぅうう!

以上!
プロフィール

上田ながの

Author:上田ながの
まだまだ小者のエロライトノベル作家上田ながのです。
エロ小説に生き、エロ小説に死ぬくらいの心意気でいます。

これまでの仕事は、
エロライトノベルWikiでググってみて下さいね♪

ノベルズ、シナリオなどのお仕事のご依頼、感想などがありましたら、メールフォームまで。

twitter登録してみた。

フリーエリア
『極煌戦姫ミストルティア ベルトスクロールアクション』2月26日発売です!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR